【函館美容室】インナーカラー大好き美容師が今一度インナーカラーについての解説と初めての方にオススメなデザイン

  • 2019年6月12日
  • 2019年6月12日
  • カラー
  • 290View

1日の半分以上の時間をインナーカラーについて考えている函館の美容師ハラです、半分以上は盛りすぎですね、すみません

さて

年々人気が増している『インナーカラー

snsの普及(特にインスタ)で、目にする機会が増えたことや、美容師側もカラー剤の進化で提案がしやすくなったのが人気爆発の理由かな?なんて思います

そんなインナーカラーについて今一度、自分の考え方を交えてご説明させていただこうと思います

そもそもインナーカラーとは?

髪全体のカラーとは別の色が髪の表面ではなく内側にあるカラーです

どんな種類があるの?

ロング、ミディアム、ショートどの長さでもできます(たまにご質問いただくのですがロングじゃなくてもできます、ショート、ボブももちろんできます)

『派手髪』の印象が強いですが

  • インナーカラーの色の強さ
  • 全体カラーとの明るさの差
  • インナーカラーの量
  • 入れる場所

この組み合わせで、派手にもナチュラルにもコントロールすることができます

っで、どうやるの?

基本的にはインナーカラーの色を変える部分をブリーチし、一度流してからご希望の色をのせていきます

ホイルの部分がブリーチ中のインナーカラーの所です

なので、2回染めが基本です

ご希望の色が

  • 白に近いもの
  • ペールトーン(キキララ的な色)
  • 多色染め

このような場合3回染める場合もあります

ここでダメージのことが気になるブリーチを使うのですが、自分が行う場合には『ケアブリーチ』という、できるだけダメージ軽減しながら明るくできる特別なブリーチ剤を使用しております(これが発売される前は「ブリーチなんか痛むからダメだ!!!」っと言ってました。。。科学の進歩に感謝)ですので、過去のブリーチダメージとは全く違う仕上がりになると思います、「意外に平気ですね」の声をよくいただきます

どんな色でも簡単にできるの?

実際ここが重要ですよね、何でもできちゃうの?!

『どんな色でも』っとなるとそうはいきません

色を変えるイメージは『絵の具』の考え方に近いです

白い画用紙に色をつける場合は、思った通りの色をつけれますよね、髪の毛も一緒で髪を白くすれば何色にでもなります、ただ髪の毛の場合は白に近づけば近づくほど痛みますし、時間も手間もかかります

なので先ほどもあげた『白、ペールトーンのカラー』など白っぽいものは難易度が高くなります

さらに言うと、希望の色になっても髪がダメージしまくってボロボロになってしまったら意味がありませんから、ブリーチでどこまで明るくするかを見極めることが重要ですし、出来るだけダメージをさせずに白に近づけるテクニックが重要になります

オススメカラーとかあります?

インナーカラーをやってみたいけど、どうしたら良いかわからないって方も多いです

やりたい髪色が決まっている方には全力でお応えできるようにしています

その際に、工程、時間、料金、ケア方法などなど、全てお伝えしご納得していただいてからスタートいたします

そうではなく、ぼやっと「インナーカラーとかやってみたいなぁ〜」っと言う方にオススメなデザインと自分の考え方がこちらです

1、色ではなく明るさの差で作るインナーカラー

暗めのベースに、明るいベージュのようなインナーカラー

入れる部分も耳周りだけなら気軽にトライできます、インナーカラーの雰囲気が掴めたら1ヶ月後とかに違う色を乗せることも可能ですので初めての方にはオススメです

2、落ち着きのある赤系カラー

ボルドーのような深みのある赤系ですと派手すぎず落ち着きのある雰囲気になりやすいです、またブリーチで少しだけ明るくすれば可能ですのでダメージの心配も少ないです

3、丸投げしてみる

ハラに丸投げ!

好き勝手にやるわけではありません!派手にするか、落ち着き系か、見えても良いか、あまり見えないように、好きな色、嫌いな色、いろいろお話を伺わせていただいて、現在の髪の状況、ダメージ具合、優先事項などから最適なカラーをご提案させていただきます

ただ、自分のオススメは1色より数種類の色の方が好きです

また全体の色とのバランスで

寒色系(青、緑系) … 黒、グレーのベース(茶色は合わない気がする)

暖色系(赤系) … 暗すぎない色(茶色でも馴染む)

したがって全体のカラーを優先し、明るめナチュラル系などに場合暖色系の方が相性は良いと思います

黒×赤のバチんとした感じも嫌いではないですが、印象強めですね

いかがでしょうか?

インナーカラーと言っても本当にデザイン幅も広いですし、1人1人オーダーメイドで作らせていただく感じです

あなたにぴったりなデザインをご提案させていただきますのでぜひ一度ご相談ください!

ちなみに自分はオンラインでこちらの方にご指導をいただき勉強し、日々進化できるよう努めております

https://www.instagram.com/p/Bxs_ENwHeEo/

やばいデザインだらけ!YSOさんです

勉強はさせていただいていますが、このかたのデザインを自分が全部できるわけではありませんのでそこはお間違えないように

そんなこんなでインナーカラー、何卒!

最新情報をチェックしよう!
>あなたの髪は綺麗になります!

あなたの髪は綺麗になります!

髪の悩み、ヘアスタイルの相談、予約確認などLINE@より気軽にご連ください!SNSも気軽にフォローしてください!!